読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんぽ

環境関連、武術、その他、気になったことをつれづれに。

昨日の練習、突きもいろいろ

昨日の強化練習。

 

突きにいろいろクセがあると言われた。

あえてそうしているものや、直さななーと思っているもの、アレ?そうなのと思うもの、いろいろあった。

使う場面や考え方によって使う突きも違う。

突きもいろいろ、正解はいろいろ。

 

注意点。

膝をもっと柔らかく使う。

 最近右膝が痛い。そうしないように意識しているけど、力んで踏み込んでいるかもしれない。

 もっと柔らかく膝を使った突きにする。泥の中を進むが如く。

 特に右順突き。左逆突きも。

 

左逆突き。脇が開く、肩が少し上がる。

 これはわかっていたクセ。これはしっかり足腰の力を伝える突きにするとまま直る。中心軸を保った遠心力を使った突き。

 

・左逆突きの後脚踏ん張りが弱い。

 言われてみると。クセが強すぎると言われたのは、踵を浮かして踏ん張っているとこ。ここはベタ脚の方がいいらしい。膝だけを地面に向けるだけでよい。

 

拳は指先から巻き込むように突く。

 タイムリー。前回参照。身体繋ごうぜ。

 最初はボディへ効かせるショート打ちの話だったような。虎砲か寸勁か。

 目打ちの感覚で、突き込む瞬間に指先から巻き込んで拳を作る。巻き込むことで拳から腕、肩、肩甲骨を伸ばして突くように。相手の身体に突きが入り込む埋め込むように。身体全体を繋ぎ巻き込むように突く、というのは今の俺の研究課題。巻き込む、繋ぐ、重心を注射のように相手に載せる。これも膝を柔らかく使わないと。

これを近距離で突けるようになるとボディへのショート打ちで効かす事ができる。

というか、体を下げながらの顔面カウンター(天地拳第6系の7の突き)も効かせられるのでは。

 

ワンツー。タンタンではなく、パパンと。

 押し込む突きになっているからか、リズムが遅い。これでは初撃と2撃目の間でカウンターをもらいやすい。

 連撃だからパパン、と。そうすれば相手へのプレッシャーにもなる。

 

同じところへ2連段突き。

 二重の極みではない。

 人間の反射がついていかない効かせ技。

 初撃を当てた同じ場所へ段突き。軽くでもいい。これが効く。同じ場所でないと効かない。順突きの方がやりやすい。初撃を当て、即そのまま膝抜き等で体を落としながら同じ場所を突く。上記の指先から巻き込む突きだと効果は倍か。

 

ノーモーションの突き。

 これもタイムリー。拳を投げるように。その拳に身体を載せる。野球のピッチャーのように前脚に体重を載せて突く。

 

最近空乱してない。なんかもの足りなさを感じつつ、また次回。

そういえば柔法もしたけど、ま、いいか。