読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんぽ

環境関連、武術、その他、気になったことをつれづれに。

突きと捌き-一足分だけ攻撃線から離れて突く

先日、

攻撃の際、相手の真正面に真正直に入るのではなく、相手の攻撃線を少し外した位置に入る。

 当然、真正面だとカウンターをもらいやすい。

 一足分でいいので攻撃線を外して突く。

 気のせいか、カウンターをもらいにくいと思えば、突きに身体を入れやすい。

 

と書いた。

これ、思った以上に大切かも。

 

ともかく乱捕りでは無意識に相手の真正面に真正直に突っ込んでいると思う。

たまに構えや位置取りで攻撃線から外れるように意識することはある。

が、いざ攻撃の際は頭からすっ飛んでいる。

少林寺的には「千鳥に入れ」だ。

 

右前構えなので、相手の右ストレートはもちろん、左ジャブからも少し外れるような運歩がいる。

その為には構え、位置取りの時点で少し攻撃線、攻脈線を外すようにしなければ。

 

油断は禁物だが、これで少しはビビらずに身体を入れた突きを打つことができる。

いつでも思い通りに突けるようになる事が先だが。