読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんぽ

環境関連、武術、その他、気になったことをつれづれに。

突きー突き抜ける突き、柔らかく膝使う。弾く突き方。

もっと柔らかく膝を使う。

弾く突き。

相手の身体を突き抜ける突き。
 
今日の練習で、突きに対する概念、考え方が少し変わった。
そして上記3点が特に意識し修正する点。
 
今まで求めていた突きは相手の前進を止める、又は相手をふっ飛ばす、突き飛ばす突き。
しかし、相手の身体を威力が突き抜ける突きもあり。
 
今日学んだ点は、
前脚膝を柔らかく使う。
 身体をスムーズに前進させるように。これにより重心移動もスムーズになる。
 柔らかく、しかし、前脚に体重を載せるわけではない。
 全体重を突きに、拳に載せる為に柔らかく。
 
後脚は引き寄せずに突く。
 逆突きの場合、腰の回旋が今までより伸び、突き自体も伸びた。
 膝の使い方と腰の回旋を合わせると、いわゆる「突き抜けて効く」突きになったらしい。
 また、後脚を引き寄せないので体重が前脚に載る。
 なので、突き後の後退し下受けが非常にスムーズ。後退が前脚蹴るだけで済む。
 
・後脚膝はもう少し内に絞った構えにする。
 前進する力が逃げている。
 
力の流れは下から上、下から上と円を作り、廻らせる。
 意識としても、実際の力、重心の動きとしても。
 足首、膝、股関節、腰、上体、肩を主に、前身を使って下から上の力の流れの輪を作り、拳に力を載せる。
 
・腕は突き切り伸ばした後、伸ばしたままにしない。弾く突きにする。
 確かにクセになっているかもしれない。
 突き切る突きの身体の使い方で、拳は弾くようにしてみる。
 
・上中それぞれの突きは角度を変えて突く。
 たまには下からの角度で、等。