読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんぽ

環境関連、武術、その他、気になったことをつれづれに。

サントリー「モルツ」販売終了 新商品は「プレモル」より40円安く設定

 

SankeiBiz 6月23日(火)17時25分配信

  •  

 サントリービールは23日、ビール「モルツ」の販売を終了し、9月8日から新たに「ザ・モルツ」の名称で売り出すと発表した。店頭想定価格は350ミリリットル缶で220円。苦みとコクなどビール本来の味わいを高めたという。

 年内に200万ケース(1ケースは大瓶20本換算)、平成32年に1千万ケースの販売を目指し、ビール市場でシェア5割のアサヒビールの「スーパードライ」の牙城切り崩しを狙う。

 店頭想定価格は、同社主力のビール「ザ・プレミアム・モルツ」より40円安く設定し、スーパードライキリンビールの「一番搾り」などの普及価格帯ビールと足並みをそろえた。

 サントリービールによれば、ザ・モルツの投入で、家庭向けのプレミアム・モルツの販売数量のうち2割程度が移行すると見る。ただ、ビール類市場の中で、価格が220円程度のビールは全体の4割超を占める最大市場であり、同日、会見したサントリービールの水谷徹社長も「ザ・モルツの投入で、30~40歳代の需要を取り込みシェアアップを目指したい」と意気込んだ。

 同社はビール商品の品ぞろえ強化により、26年に15・4%だったビール類のシェアを32年には20%まで引き上げたい考えだ。

 

ーーーーーーーーーー

味、変わるのかな。変わらない方がいいかも。