読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんぽ

環境関連、武術、その他、気になったことをつれづれに。

温暖化、安全保障にも影響 4度上昇で被害深刻 IPCCが新報告書

2014.3.31
 国連気候変動に関する政府間パネルIPCC)は31日、温暖化によって居住地を追われる人が増えたり、貧困が悪化して紛争の危険性が高まったりするなど、人間の安全保障に影響が及ぶことを初めて指摘した新報告書を横浜市で発表した。

 報告書は「気温上昇が高くなると、広範囲で不可逆的な影響が起こりやすくなる」と強調。産業革命前と比べて気温上昇が4度を超えた場合、国際目標である2度未満と比べて食料や気象などさまざまな分野で被害が深刻化することを例示し、目標達成の意義を客観的に示した。

 新報告書によると、20世紀末と比べて気温が2度上がると、熱帯や温帯地域で小麦、コメ、トウモロコシの生産に負の影響が予測される。3度以上では南極やグリーンランドの氷床融解による海面上昇の危険性が高まる。4度以上では、世界的な食料安全保障に大きな影響を与える可能性があるとした。

−−−−−−−−−−

発表から2ヶ月。
何か世の中変わったのだろうか。
今日は本当に暑かった。
6月ですよ?

運動会。
熱中症やら予防の為にプログラムごとの水分補給やら、地面からの反射熱を防ぐ為にこまめに運動場に水を撒く等々…。
昔はそんな事なかったはず。

みんな気づいているはずなのに、何か慣れてしまってそのまま何もしない。で、悪化の一途…。

て事になっているのではないのか。

子供や孫の世代にそのツケが確実に回ってきそう。